karpa @ ja.wp このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004/09/12ウィキペディアにはsilent majorityの存在し得ぬか

Silent Majority

| Silent Majority - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディアにサイレントマジョリティーが構造上存在し得るか。私は否であると考へる。なぜか。ウィキペディアをコミュニティーとしてみたとき、どこからどこまでがコミュニティーの成員かといふことが言へないからである。どこからどこまでが言へないと、コミュニティーの成員として認められるためには、何らかのかたち、意思が必ず一つに歸せられるかたちで、意思表明をしなければならないこととなる。つまり、そのときそこにゐる人がコミュニティーのすべてであるといへる。さう捕へたとき、一般大衆はどれを指すのだらう。

參加してゐるならば、サイレントではない。そもそも、大衆が誰で「非大衆」は誰かも分けられない。

ゆゑにサイレントマジョリティーは存在し得ない。詭辯臭いな。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20040912

2004/09/10投票

削除のメソッド

| 削除のメソッド - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

眠いのでこちらに書いてあとでウィキペディアに書くとしよう。

……忘れた。

歷史

| 歷史 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディアの歷史、とくにシステム的な側面とソフトウェア的な側面に力を入れたものを、ジンボたんの周邊でまとめてくれないだらうか。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20040910

2004/09/04本心を表すこと

本音

| 本音 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディア上で、本音と言ふのは、どれくらゐ流れてゐるのだらうか。そもそも、ネットだから、小說だから、本音を言へるかというと、結局はその人に掛つて來るのであつて、その媒體を問題としない氣もするのだ。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20040904

2004/09/01日記す

日記

| 日記 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

紙に自筆で日記を書くことと、コンピュータで書くことはどう違ふのだらうか。さらに、コンピュータだと、他人に見せるものと純粹に自分のためだけのものと言ふ違ひもある。

kahusikahusi2004/09/01 19:15自分は六月からだつたりする罠。

BrittyBritty2004/09/01 19:41四月からって誰だろ。

kahusikahusi2004/09/01 20:07[[ノート:メインページ#改定案用のサブページ]]を参照。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20040901

2004/08/31議論すること

ウィキペディアの議論

| ウィキペディアの議論 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

熱意と若氣とあふれる理論に富んだいはゆる若者が少ないウィキペディア日本語版で、議論が始まると、最初から低調で、なんか最初から具體的と言ふか、敢へて無視するといふ技術を皆さん遺憾なく發揮されます。少し、毒されて、少し、疲れました。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20040831

2004/08/28囘顧

百樂天の思ひ出

| 百樂天の思ひ出 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

百樂天さんがブロックされて久しい今日この頃ですが、彼はいつたいどうお過ごしなんでせうか。思へばあんなことこんなことがありました。ブロック依賴をしたのが、たまたま八部衆で百樂天さんの指摘に反對をつけ、それが閒違ひだと知つた後だつたことが、あれほど百樂天さんの氣に障るとは。おかげで周圍の心證を、今まで百樂天さんの見るだけで疲れるお話し會を見たことがなかつた人でさへ、ブロックされても仕方無いと諒解させるに到つたのですが。私があのあとブロック依賴や對話に出て行かなかつたのは、百樂天さんが私が解答するに價する返答――すなはち私の問ひへの答へをくれなかつたで、それ以上の意味はなかつたからです。ここら邊は難かしいところなのでいまだに自分の中でこの對應は果たして適切だつたか、まとまりきつてはゐないのですが。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20040828

Copyright notice

Copyright © kzhr some right reserved.
The text which I wrote is licensed under a Creative Commons License.