karpa @ ja.wp このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/10/19ウィキペディア博論

Ortega Soto, J. F. (2009) Abstract. In Wikipedia: A Quantitative Analysis. Dissertation to Universidad Rey Juan Carlos.

| 16:14 | Ortega Soto, J. F. (2009) Abstract. In Wikipedia: A Quantitative Analysis. Dissertation to Universidad Rey Juan Carlos. - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

Ortega Soto氏の博論、Wikipedia: A Quantitative Analysisの概要だけ訳してみようと思ひます。原ライセンスが、CC by-sa 3.0なので、本訳文もそれに従ひます。著者は、スペイン、マドリッドのフアン・カルロス王大学通信・コンピューター・システム学部で博士号を取得したやうですね。

現在、ウィキペディア・プロジェクトは、人類の歴史のなかで、もっとも巨大な協同の共同体の地位にある。貢献者数のおほさや、それにしたがってウェブでのウィキペディアの認知度が上がるのによって、おほくの学術分野からの研究者の関心を惹くやうになった。しかし、ウィキペディアについての学術的出版は近年とみに増えてゐるが、しばしばそれらは、プロジェクトのごくかぎられた側面や、特定の言語版にのみ特化してゐることが多い。

その結果、ウィキペディアやウィキペディアの投稿者コミュニティ、このプロジェクトの経年的変遷の全体像を掴むためには、これまでの研究を拡げなければならない。この博士論文では、ウィキペディアの上位10言語の版について、さまざまな側面から定量的な分析を与へる。主たる目標は、ウィキペディアとその著者コミュニティの鍵説明項と構造項の経年的変遷をたどることにある。この分析は、ログインした著者(プロジェクトに参加するにあたって、個人のアカウントを作成した者)に特化してゐる。この比較研究では、一般的な漸進項や;ウィキペディア・コミュニティの著者コミュニティにおける内部的な社会構造と層化の詳細な検討;著者間や項目間にある貢献の度あひの不均衡さ;ウィキペディア・コミュニティの参加者層調査;ウィキペディアの項目の質と、個々の著者の信頼度を測るための基礎指標を包含してゐる。この論文においてあきらかにした主だったことがらが、今後数年のウィキペディアの持続成長性にどのやうに影響するか論じて結論とする。

経年的な貢献の不均衡さの度あひや、この論文で見出された追加的な鍵概念の変遷の分析によって、ときが経つほどに、もっとも活動が顕著な著者によって消費される「作品」が漸増する傾向にあるといふことが明らかになった(The analysis ... reveals an untenable trend towards progressive increase of the effort spent by teha most active authors, as time passes by)。この傾向は、つひには、それらの著者が、月になしうる上限の編集数に達したとき、月間の総編集数が減少傾向に転じ、ウィキペディア全体のコンテンツ作成や改訂作業の停滞をも引き起こすだらう。最後に、研究者コミュニティへの重要な貢献は、WikiXRayである。これは、この論文にまとめられた分析をなすために開発されたソフトウェア・ツールである。このツールは、ウィキメディアの公開リポジトリからデータベースダンプを取得し、鍵指標や記述項を得るための操作をし、てもとのデータベースに収めて、経験的分析をするための準備を自動化する。

以下略。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20091019

2009/02/23‘In the old age black was not counted fair, / Or if it were, it bore not beauty’s name;’

RNA Biology誌、投稿者にウィキペディアの項目に研究成果を反映させるやう求める

| 02:58 | RNA Biology誌、投稿者にウィキペディアの項目に研究成果を反映させるやう求める - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

訂正がありますので、最後までないし次節もお読みください。

いささか旧聞に属することになりますが、生命科学のRNA Biology誌が、論文投稿者に、ウィキペディア英語版の、研究したRNA構造に関する項目をひとつ以上作成するやう求めるやうになりました*1 *2 *3。しかし、Kstigarbhaさんがそれってある意味、独自の研究じゃないの?晴れ時々維基計画日和と仰り、Times Higher Education紙の読者コメントにNot to mention a very strong "conflict of interest" guideline?Paul Wehageとあるやうに、この方針がウィキペディアとでうまく行くだらうか、といふのは当然の懸念もあります。

なぜ、このやうな執筆方針が打ち立てられたのか。ウィキニュースによると、Sanger Instituteといふ機関の運営する、RNAファミリーについての研究データベース、Rfamのティームが、2007年からRfamの成果をウィキペディアに反映させてゐたといふことに起るやうです。雑誌編輯者は、このモデルを採用することにより、ウィキペディアに書くことが、科学者が論文を出す作業の一環となり、ウィキペディアに投稿しやすくなるとしてゐます。

Kstigarbhaさんのご懸念の、独自研究 (Original Research) ではないかといふご指摘、また、Times Higher Education紙の読者コメントで指摘された、“Conflict of Interest”*4の問題はどうでせうか。執筆要項を読むかぎり、その危険性は避けられてゐるやうに思ひます。ニューズではあまり触れられてゐませんでしたが、執筆にあたっては、ユーザ登録をし、そのサブページに原稿を作成、論文原稿とともに査読を受け、論文とウィキペディアの原稿の査読が通過し、論文が出版されるにおよび、ウィキペディアの項目として反映させることとされてゐます*5。ウィキペディアにおける独自研究といふものは、ある主張が、知識として受け入れられてをらず、たんにその場で書かれたにすぎないといふことも意味します。しかし、論文執筆者のオリジナルな——まだ知として受け入れられてゐない——結論や成果を盛り込んだ項目の草稿も、論文掲載決定を待ってウィキペディアの内容として反映させることにより、受け入れられたといふことを容易に示し得ます。すくなくとも、独自研究が横行する形態をRNA Biology誌は選ばなかったと言へるでせう。

さて、さうはいっても実際はどのやうになってゐるのでせうか。ウィキニュースによると、最初に投稿に至ったのはSmY RNAであるやうです。履歴によると、2008年11月にSeaneddy氏のサブページとして初版が投稿され、12日後にウィキペディアの項目として投稿されました*6RNA Biology誌の論文掲載の順序はわたくしにはわからないのですが、ずいぶんと早く査読を終へてゐるのだなといふ印象をうけます。あるいは、実験的に査読の最終段階で執筆を求められたのでせうか。その内容を見てゆくと、初版が投稿された日におほむね内容は完成し、トークページに寄せられた意見で多少の改訂があって、投稿に至ってゐます。執筆者は、自信の成果について触れず、既存の文献のみで解説してゐましたが、あとで書きくはへられたところによると、Thomas A. Jones, et al. A survey of nematode SmY RNAs. [RNA Biol. 2009 Jan-Mar]がその文献となるやうです*7。Seaneddy氏は、投稿後は編輯に参加せず、現在は、ウィキペディアンの手によって構成がいくぶんか変化してゐます。

RNA Biology誌の今号の目次を見るかぎり、論文はこのJones氏らのもの一報あるのみですので、まだまだ試行ははじまったばかりで、あまり数がないやうです。それでも、現時点で見えてきさうな問題はあるでせうか。独自研究といふ問題こそ、ウィキペディアの一定の項目より低いとはいへ学術界とウィキペディアとは違ふ世界であり、いくつかの問題が考へられます。それには、論文執筆者がウィキペディアと親和的に取り組んでゆけるだらうかといふこと、百科事典項目の査読や執筆の負担、査読過程がどのやうにあるべきか、とのみっつの問題があるやうに思ひます。

論文執筆者は、たいていウィキペディア初心者——newbies——であるわけですが、newbiesとoldiesが対立する、よくある構図が、研究者だからといって起らないわけではありません。Seaneddy氏が投稿したあと、文章じたいに大差はないものの*8、構成などがおほきく変化しました。もちろん、基本的にウィキペディアンはこのやうなnewbiesのかきものをウィキペディア化することにてだれであって、ふつうであれば問題はないのですが、では問題が起こりえないのか。今回、Seaneddy氏はプレヴュー機能をほとんど用ゐなかったやうなのですが、日本語版ウィキペディアでそのやうなことをすれば、すぐ会話ページに注意が来て、悶着にならないとはかぎりません*9。また、Seaneddy氏は画像を投稿してゐましたが、画像のライセンス問題が出てくる虞も十分あります。RNA Biology誌編輯部はこのやうな問題をバックアップできるのでせうか? あるいは、RNA Biology誌が執筆者に全面的に任せるのであれば、なぜウィキペディアへの投稿義務を設けるのでせうか。

査読者や執筆者の負担も、今後問題となってくるかもしれません。Seaneddy氏が、自身の論文に触れなかったやうに、百科事典になにを書くか、といふのはつきせぬ問ひです。触れなければならないこと、といふのがあるていどはあるにせよ、それは研究のつみかさねにおいてあきらかになることでもあり、研究のうへで当然する先行研究レヴューとは性質の違った解説をしなければなりません。執筆者にどこまで書くやう求めるべきなのか。基礎的な項目が欠けてゐれば、そこまで手を出す必要があるのか。ないのであれば、リンクがひとつもない項目となりかねないのをどうすればよいだらうか。また、このやうなレヴューを査読するのは、それなりの知的労働ですし、また、論文査読とは違った評価基準があります。それを、プロの百科事典編輯者ではないRNA Biology誌編輯部と査読者が担ひきれるのか、といふのは重要な問題であるやうに思ひます。

最後は、さほど問題ではないかもしれません。査読が通ったことをどうやってわたしたちは知ることができるのか、といふのがこの問題です。初版から時期をおいておほはばな改訂などがあればそれで信じるべきなのかもしれませんが、わたしたちはそれがジャーナルに要求されて作られたのだといふことを最初は知らなければ、ほんたうに査読を受けたのかもわかりません。RNA Biology誌が査読した、といふことは情報として与へないべきなのか、与へるべきなのか。さうであれば、どのやうにすべきか、といふのは、課題としてよいのではないでせうか。

以上3点を指摘しましたが、しかし、このとりくみがウィキペディアと学術界を積極的に繋ぐものとしておほきな意義を持つのはたしかであるやうに思ひます。続報を期待したいものです。

訂正→RNA Biology誌のRNAファミリー・セクションへの投稿者はウィキペディアへの執筆を求められる

| 00:06 | 訂正→RNA Biology誌のRNAファミリー・セクションへの投稿者はウィキペディアへの執筆を求められる - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

さきの投稿ですが、一部あやまりがありましたので修正いたします。RNA Biology誌に新設された“RNA Family”といふセクションに投稿する論文について、項目の執筆を求めるものでした*10 *11RNA Biology誌に投稿された論文すべてについてウィキペディアの項目の作成が義務づけられたのかと思ってゐたのですが、ニューズの記載を読み落としてをりました*12

RNA Families”のトラックの開設を告げるGardnerの文章では、There will be two extra requirements for publication in this track; … secondly the generation or update of a corresponding entry in the online encyclopedia WikipediaGardner and Bateman: 2とあり、ウィキペディアの対応項目の新規執筆ないし加筆と明記されてゐます。このレターによれば、ウィキペディアの項目を改善することは、Googleでもっとも発見しやすいウィキペディアの情報を信頼できるものにすることに科学者が取り組める点で優れてゐるとあります。

Rfamの取り組みは、ウィキペディア英語版のRNA WikiProject*13として行はれてゐたものださうで*14 *15Nature News紙によれば、「ウィキペディアと伝統的な学術雑誌を、(学術雑誌の)査読システムも取り込んだかたちで、つなげられたことに新奇性がある」と、Sanger InstituteのBateman氏が述べたさうです。Nature Science紙では、さらに、Novartis Research Foundationが、おなじく英語版ウィキペディアで取り組んでゐる、Gene Wiki*16や、生命科学者が独自に運営してゐるWikiomics.orgの紹介もしてゐます。

さうすると、懸念の2番目に挙げたことは、当面は杞憂のやうです。しかし、これをさらに拡充しようといふとき、問題が起りさうではありますね。これは研究活動の社会還元を考へるとき、なにかしら起こりうる問題でもあり、倦まずに取り組んでゆかねばならないことなのでせう。

*1:Butler, Declan. “Publish in Wikipedia or Perish.” Nature News. Dec 16, 2008.

*2:“RNA journal submits articles to Wikipedia.” Wikinews Dec 19, 2008.

*3:Newman, Melanie. “Journal authors must also post to Wikipedia.” Times Higher Education. Jan 12, 2009.

*4:“Conflict of Interest”の問題を端的に云へば、ウィキペディアを自己の主張の場とすべきではないといふことです。

*5Landes Bioscience Journals: RNA Biology: Guideline for Authors

*6Revision history of SmY RNA - Wikipedia, the free encyclopedia

*7:Seaneddy氏は、第4投稿者のSean Eddy氏なのでせう。

*8:Jones氏らの論文を追加されたときに、その成果について1段落書かれはしましたが

*9:研究者が人間的に倫理的とはかぎらないのです!

*10:Gardner, Paul P., and Alex G. Bateman. “A home for RNA families at RNA Biology.” RNA Biology 6 (2009: 2-4

*11:先述、Nature News, Wikinews参照。

*12:どほりで、SmY RNAしかなかったわけです。

*13Wikipedia:WikiProject RNA - Wikipedia, the free encyclopedia

*14:Daub, Jennifer, Paul P. Gardner, John Tate, et al. “The RNA WikiProject: Community annotation of RNA families.” RNA 14 (2008): 2462–64.

*15:前述、Nature News

*16Portal:Gene Wiki - Wikipedia, the free encyclopedia

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20090223

2008/04/184th Writing Competition

妄評多罪

| 17:59 | 妄評多罪 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

コメンテーターに登錄してゐなかつたけれども、集つてみれば興味深いものもおほかつたので、興にしたがつて要約(上からまとめてみた;その「まづさ」はどちらかの筆者のせゐ)・感想などをのべてみたい*1

錦絵新聞

錦繪新聞は、明治初年から、錦繪に詞書を添へるといふ形態をとつたジャーナリズムであつた。知識層を讀者層としてゐた新聞と異なり、非知識人層が讀者層であつて、繪やふりがなを多用した。これは、新聞といふものをおもしろくさせ、非知識人層が新聞を受け入れる母胎となつた。取りあつかふ內容は新聞に書かれた ゴシップをもととして、原報道から數日から數か月のちに發行された。しかし、新聞で繪やふりがなをそなへた小新聞と呼ばれる新聞が增えはじめると、錦繪離れもあつて、衰退していつた。

錦繪新聞を錦繪として注目する新聞錦繪といふなまへがあるが、畫工の腕があまりよくないのもあり、錦繪としてあまり高く評價されてこなかつた。畫像史料としては、當時の風俗や事件・事象の世評がうかがへて高い價値がある。

東京のものは大判のものが大半で、京阪ではB5版が主流であつた。京阪では新聞が普及してをらず、東京よりも長く錦繪新聞が續いた。東京に『東京日日新聞』『郵便報知新聞』、大阪に『大阪錦畫新聞』など。

慾をいへばもうすこし硏究にもとづいて書いてほしかつた(總說をまとめるのではなくて)、たとへばなぜ腕の惡い畫工しかゐなかつたのか、錦繪畫工業界としてはどうだつたのか、などといふことに導きうる內容であればよかつただらうと思ひます。文獻の書きかたも、ウェブのデータベースからコピーしたのだらうかといふ感じで、そこはすぐ直せることなのであげつらふことではないともいへますが。CiNiiをざつとみた感じでは、CiNii 論文 -  報知から雑報へ : 明治初期の新聞記事 CiNii 論文 -  ニュース・メディアとしての錦絵新聞 などが參考になりさうではないでせうかね。

しかし、現象としての錦繪新聞として基本的なことは押さえられてゐるのだらうとおもひました。いはゆる5W1Hでいへば、Why以外はそろつてゐるといふことで、百科事典の項目として安心して參照できるものだらうとおもひます。

ルネサンス文學

興が赴かないので要約はせず。

各國文學などといふ枠を超えた現象にルネサンスの興があるのだとおもふのですけどねえ。

アフリカ史

手に餘るので要約はせず(ん)。

言語系の人間なので、アフリカといふとどうしても言語に興味が偏る。ここでバンドゥー語族が民族集團と同等の扱ひを受けてゐるのだけれども、ギリシアがアカイア・ドーリア・イオニアの三集團と言語區分が一致してゐることと同樣の竒妙さがある。

腳註が次第に減つていくのが氣になつた。

*1:書き終へての感想。いかに狭きわが興!

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080418

2008/01/01キリシタン資料執筆計画

目次案

| 02:28 |  目次案 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

  • 概要
  • 資料
    • 文献
      • キリシタン版
    • 物品
  • キリシタン文学
  • 意義
  • 研究史

メモ

| 02:28 |  メモ - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

  • キリシタン資料といふものの性質
  • 資料の内容を書く
  • ロドリゲスの文典の日本語研究における意義*1
  • 辞典の後世にあたへた影響
  • 発見史

資料探訪

| 00:37 |  資料探訪 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

役にたちさうなもの

  • 林田明「1591年バレト手記写本「サントスの御作業」」『千葉大学人文学部紀要』1号
  • 林田明『サンクトスの御作業のうち抜書』翻字編
  • 上智大学キリスト教文化・東洋宗教研究所紀要』所収松岡洸司論文
  • 山田孝雄『典籍散語』『典籍説稿』
  • 上智史学』45号所収「尾原悟業績一覧」
  • 新村出関係
    • 『南蛮記』、全集5巻
    • 『南蛮更紗』、全集5巻、東洋文庫596
    • 『南蛮廣記』、全集6巻
    • 『岩波講座日本歴史』6, 7巻(でも7巻は新村でなかつたやうな)
    • 『典籍散語』
  • 岡田章雄『南蛮帖』
  • 長沼賢海『南蛮文集』
  • だれか(海老澤さんなのかな)『南蛮資料の発見』
  • 吉田澄夫『天草版金句集の研究』
  • 村岡典嗣『吉利支丹文学抄』
  • ラウレス『上智大学吉利支丹文庫』
    • 尾原編の後編もほしい
  • 森田武「キリシタン文学」『岩波講座日本文学史』5巻
  • 丸田博之『中世キリシタン資料の成立に関する一試論』
    • 博士論文なので公刊されたものを探す
  • 福島邦道『キリシタン資料と国語研究』正続続々
  • Diego Pacheco「長崎サンティアゴ病院の鐘」『キリシタン研究』第14輯
  • 木下杢太郎『えすぱにや・ぽるつがる記及び初期日本吉利支丹宗門に關する雜稾』
  • 米井力也『キリシタンの文学』

一時のメモ。

覚えてゐないもの

  • 林田明『語文論叢』11号、pp.3-10所収論文

役にたたなさうなもの

  • 林田明「吉利支丹文献資料と芥川の文学」『千葉大学人文学部紀要』3号
  • 鄭炫赫「キリシタン文献の平仮名の用字法——国字本『どちりなきりしたん』を中心に——」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第44輯第3分冊

*1杉本つとむ『西洋人の日本語研究』を見たり

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080101

2007/10/09加筆コンテスト

參加者の遍在

| 03:07 |  參加者の遍在 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

歷史オタクはかういふお祭りが好きで、自然科學オタクはさうでないのか、コンテストのたぐひではきまつて歷史系が多くあつまるといふ印象がありますが、どうしてだらう、とりあへずみなさん參加してくださいと宣傳してみます。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20071009

2007/10/06Simple English Wikipediaをよむ

日本學分野優秀項目雜感

| 01:56 |  日本學分野優秀項目雜感 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディアで英語の百科事典をつくるプロジェクトは英語版のほかにSimple English版*1がある。兒童生徒や第2言語學習者などの言語學習者のために平易に英語を書かうとするものであり、第2言語學習者が英語の訓練をするうへでもとてもよいプロジェクトなのだが、みな英語に自信があるやうであまり話題にのぼらないプロジェクトである。しかし、馴染みがないものの實感をあたへるための說き方の技法についてもより強く意識されてゐるはずで、しらない人はしらないけれども、しかしあることの根本をなすとてなるべく多くのひとに感覺をえる手助けをしたい項目などでは、このやうな說き方の技法に注意して損することはないはずである。

Simple English版で日本語版における秀逸な記事に相當するものは、Very good articlesのやうで、Category:Very good articlesには執筆時22の項目がならんでゐる。Wikipedia:Requirements for very good articlesによれば、銓衡過程は、査讀依賴を經て複數人の目がとほり、かつ、上記要項に記載される基準を5つ以上滿たす項目が候補として提案されることに始まり、滿たしてゐることが確認されれば3人以上の票の2/3の贊成を得て成立する投票がされて終る。very goodでなくなれば、peer reviewに提出し、改善なくばリストから外される*2

今囘は、Simple English版で最近very good articleとされた日本學分野より、Kamikazeをみる。ここでは、Simple English版の內容のいちいちの正確性などについては考慮しない。Kamikazeは17,277バイトで主執筆者はPhaedriel氏で、この8月に集中的に投稿されたものである*3

(to be continued...)

*1:平易な英語と解する。ここでは橫文字のまま扱つてSimple English版のことをいつてゐるとわかりやすくする。

*2:ただ、まだ適格性が疑問とされた項目はないやうである。

*3:Phaedriel氏ひとりといふ點で不安があるが、日本學分野で精力的に活動なさつてゐる方はあまりゐないやうなので、贅澤はいへない。なほ、日本學分野でvery good articleである殘餘の項目もPhaedriel氏の手になるものである。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20071006

Copyright notice

Copyright © kzhr some right reserved.
The text which I wrote is licensed under a Creative Commons License.