karpa @ ja.wp このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/04/23Wikipedia goes print

訂正?

| 00:02 |  訂正? - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディア書籍版がドイツで刊行か? | カレントアウェアネス・ポータル關聨。記事ではRandom Houseが刊行元であるが、Wikimedia公式Blog*1での發表および、Wissen Mediaの發表*2を見る限り、Current Awareness Rが參照した記事はどこかでずれがあるのだらう。

BrittyBritty2008/04/24 03:32Earth Times は Random House のプレスリリースを参照してるんじゃないかなあ。NYTにも編集長さんのインタビューが出てましたね。そこではベルテルスマンとなっていますけど(Random House はベルテルスマンの一事業部)。

karpakarpa2008/04/24 09:26Random Houseは英語が主體ですし、Bertelsmannの出版事業はRandom Houseだけではないので、やはりWissen Mediaの名前で出すと考へるのが自然ぢやないのかと固執してみます。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080423

2008/04/184th Writing Competition

妄評多罪

| 17:59 | 妄評多罪 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

コメンテーターに登錄してゐなかつたけれども、集つてみれば興味深いものもおほかつたので、興にしたがつて要約(上からまとめてみた;その「まづさ」はどちらかの筆者のせゐ)・感想などをのべてみたい*1

錦絵新聞

錦繪新聞は、明治初年から、錦繪に詞書を添へるといふ形態をとつたジャーナリズムであつた。知識層を讀者層としてゐた新聞と異なり、非知識人層が讀者層であつて、繪やふりがなを多用した。これは、新聞といふものをおもしろくさせ、非知識人層が新聞を受け入れる母胎となつた。取りあつかふ內容は新聞に書かれた ゴシップをもととして、原報道から數日から數か月のちに發行された。しかし、新聞で繪やふりがなをそなへた小新聞と呼ばれる新聞が增えはじめると、錦繪離れもあつて、衰退していつた。

錦繪新聞を錦繪として注目する新聞錦繪といふなまへがあるが、畫工の腕があまりよくないのもあり、錦繪としてあまり高く評價されてこなかつた。畫像史料としては、當時の風俗や事件・事象の世評がうかがへて高い價値がある。

東京のものは大判のものが大半で、京阪ではB5版が主流であつた。京阪では新聞が普及してをらず、東京よりも長く錦繪新聞が續いた。東京に『東京日日新聞』『郵便報知新聞』、大阪に『大阪錦畫新聞』など。

慾をいへばもうすこし硏究にもとづいて書いてほしかつた(總說をまとめるのではなくて)、たとへばなぜ腕の惡い畫工しかゐなかつたのか、錦繪畫工業界としてはどうだつたのか、などといふことに導きうる內容であればよかつただらうと思ひます。文獻の書きかたも、ウェブのデータベースからコピーしたのだらうかといふ感じで、そこはすぐ直せることなのであげつらふことではないともいへますが。CiNiiをざつとみた感じでは、CiNii 論文 -  報知から雑報へ : 明治初期の新聞記事 CiNii 論文 -  ニュース・メディアとしての錦絵新聞 などが參考になりさうではないでせうかね。

しかし、現象としての錦繪新聞として基本的なことは押さえられてゐるのだらうとおもひました。いはゆる5W1Hでいへば、Why以外はそろつてゐるといふことで、百科事典の項目として安心して參照できるものだらうとおもひます。

ルネサンス文學

興が赴かないので要約はせず。

各國文學などといふ枠を超えた現象にルネサンスの興があるのだとおもふのですけどねえ。

アフリカ史

手に餘るので要約はせず(ん)。

言語系の人間なので、アフリカといふとどうしても言語に興味が偏る。ここでバンドゥー語族が民族集團と同等の扱ひを受けてゐるのだけれども、ギリシアがアカイア・ドーリア・イオニアの三集團と言語區分が一致してゐることと同樣の竒妙さがある。

腳註が次第に減つていくのが氣になつた。

*1:書き終へての感想。いかに狭きわが興!

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080418

2008/04/06啓蒙、意慾、ダイジェスト このエントリーを含むブックマーク

ウィキペディア・プロジェクトのひとつの理想は、ウィキペディアをまつたうな百科事典にすることであらう。では、まつたうな百科事典とはなんであらうか? 百科事典は、當初より世界の簡明な記述であることも要請されてゐる*1。網羅性はそれを保證するものであり、體系性は完全性へと近づく效率を求めてのことである。すなはち、レポートに學生がウィキペディアを引用する、逆說的ではあるが、ここに百科事典の存在價値の一端がある。ダイジェストとして有效な形態を百科事典はよく提供することに、まつたうな百科事典の姿もあるのである。

しかし、現實的にはさうはならない。もちろん、そのやうな完全な百科事典は存在しえないといふこともあるのだが、ウィキペディアに書くといふことは、世界の簡明な記述を欲望してはゐないからである。多くのウィキペディアンにとり、書くことは世界のピースを埋めることとして機能してゐる。この世界の簡明な記述と相反する行動意慾に基づいて動いていくプロジェクトに、どのやうな未來があるのだらうか。

*1百科事典を讀破するといふのはそこにほとんどすべてがあると信じることができなければそのやうな熱意は生じえないのではないか。餘談。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080406

2008/03/01いぢめ

起るとしたらそれはなぜか

| 23:08 |  起るとしたらそれはなぜか - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディアには追放といふものがあるので、いぢめといふものがあつてもなんらかの解決が示されることがほとんどであらう。ネットコミュニティのひとつに過ぎないのであるから、ほとんどの場合、そこを離れればその件じたいは終らう*1。また、單なるいやがらせであれば、Yourpediaなるウェブサイトでねちねちと繰り廣げられてゐるが、それを端から無視できる人から安からぬ思ひをする人まで幅があるので、いやがらせそのものはいぢめには發展しない。

ウィキペディアはコミュニティと離れてプロジェクトに參加することも可能である。つまり、對人關係の問題とプロジェクト參加の問題とがあり、前後者ともに問題のある荒しと前者で問題があつた參加者とがゐるわけで、プロジェクトに參加して目的に沿つた行動をしていくなかで對人關係のトラブルになることは誰にでもあらう。ウィキペディアの參加者數はとても多いが、コミュニティの密度は低いので、自然とつきあひが決つてくる。そのなかで、ネガティヴ・コメントをつけてまはつたり、とくに屬人的な要素において聲高に反對を唱へたり、だれもがそれを容認する「空氣」を作つたりすれば、いぢめを加害者として構成したことになるのではなからうか。

いぢめ論の一般的な議論に接續しやすくなつたと思ふんだけどどうだらう。

*1:黏著される被害といぢめの被害とは同列に扱ひうるだらうか。黏著は少數の愚劣なユーザによつてなされるが、いぢめは、それじたい善良とされる人々の關與が必要であり、たとへば黏著被害を看過するなどでいぢめを行ふことはできよう。コミュニティ、といふか付合ひの範圍が想定しうるならば、たいていのばあいで成立すると思ふ。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080301

2008/01/29ウィキペディア日本語版のためのしたがき

公正さなんて胡散臭いもののためではなく

| 17:10 | 公正さなんて胡散臭いもののためではなく - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

あくまで私的なものを書く。公的な素振りを取る極めて私的な、かつ、偏狭なものを忘れるために。

概要

17:10 | 概要 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディア (Wikipedia) プロジェクトのひとつで、日本語で運用されている。Wikipediaは特定の地域の対象とするプロジェクトではないので、しばしば「日本語版であって日本版でない」と強調されるが、日本に住んでいる参加者が大部分を占める以上仕方がないとして、取り合われないことも多い。

歴史

17:10 | 歴史 - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

ウィキペディアプロジェクト多言語化の一環として創設されたのは2001年であったが、そのころは日本語話者の参加はなく、2002年末ごろより実際の活動がはじまる。2002年、1000項目ほどであった1月末から2月初に、HotWired*1およびSlashdot日本語版*2に紹介され、はじめてまとまった参加者を得た。Slashdot日本語版の紹介にもあるように、漫画家エントリが約350ページと1/3を占めWikiPedia日本語版 1000ページ突破るというような分野的偏在の批判は当初よりあったのである。

ウィキペディア日本語版の外部は、つねにウィキペディア英語版であったといえる。

TutumoererTutumoerer2008/02/03 21:28そんな提灯記事誰も信用しない。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080129

2008/01/27理解に苦しむ

例の示威行爲について

| 19:08 | 例の示威行爲について - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

排擊行動を容認させるほどの根據を示しえてゐないし、ないことにも氣づいてゐない。正直なところ、自由を說くウィキメディアで狂的な排除に理解をしてもらはうといふのがどだい無理なんであるが。

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20080127

Copyright notice

Copyright © kzhr some right reserved.
The text which I wrote is licensed under a Creative Commons License.