karpa @ ja.wp このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009/02/23‘In the old age black was not counted fair, / Or if it were, it bore not beauty’s name;’

訂正→RNA Biology誌のRNAファミリー・セクションへの投稿者はウィキペディアへの執筆を求められる

| 00:06 | 訂正→RNA Biology誌のRNAファミリー・セクションへの投稿者はウィキペディアへの執筆を求められる - karpa @ ja.wp を含むブックマーク

さきの投稿ですが、一部あやまりがありましたので修正いたします。RNA Biology誌に新設された“RNA Family”といふセクションに投稿する論文について、項目の執筆を求めるものでした*1 *2RNA Biology誌に投稿された論文すべてについてウィキペディアの項目の作成が義務づけられたのかと思ってゐたのですが、ニューズの記載を読み落としてをりました*3

RNA Families”のトラックの開設を告げるGardnerの文章では、There will be two extra requirements for publication in this track; … secondly the generation or update of a corresponding entry in the online encyclopedia WikipediaGardner and Bateman: 2とあり、ウィキペディアの対応項目の新規執筆ないし加筆と明記されてゐます。このレターによれば、ウィキペディアの項目を改善することは、Googleでもっとも発見しやすいウィキペディアの情報を信頼できるものにすることに科学者が取り組める点で優れてゐるとあります。

Rfamの取り組みは、ウィキペディア英語版のRNA WikiProject*4として行はれてゐたものださうで*5 *6Nature News紙によれば、「ウィキペディアと伝統的な学術雑誌を、(学術雑誌の)査読システムも取り込んだかたちで、つなげられたことに新奇性がある」と、Sanger InstituteのBateman氏が述べたさうです。Nature Science紙では、さらに、Novartis Research Foundationが、おなじく英語版ウィキペディアで取り組んでゐる、Gene Wiki*7や、生命科学者が独自に運営してゐるWikiomics.orgの紹介もしてゐます。

さうすると、懸念の2番目に挙げたことは、当面は杞憂のやうです。しかし、これをさらに拡充しようといふとき、問題が起りさうではありますね。これは研究活動の社会還元を考へるとき、なにかしら起こりうる問題でもあり、倦まずに取り組んでゆかねばならないことなのでせう。

*1:Gardner, Paul P., and Alex G. Bateman. “A home for RNA families at RNA Biology.” RNA Biology 6 (2009: 2-4

*2:先述、Nature News, Wikinews参照。

*3:どほりで、SmY RNAしかなかったわけです。

*4Wikipedia:WikiProject RNA - Wikipedia, the free encyclopedia

*5:Daub, Jennifer, Paul P. Gardner, John Tate, et al. “The RNA WikiProject: Community annotation of RNA families.” RNA 14 (2008): 2462–64.

*6:前述、Nature News

*7Portal:Gene Wiki - Wikipedia, the free encyclopedia

トラックバック - http://wikipedia.g.hatena.ne.jp/karpa/20090223

Copyright notice

Copyright © kzhr some right reserved.
The text which I wrote is licensed under a Creative Commons License.