森猫日記

2009-06-10

[][] どうなるかな 16:49  どうなるかな - 森猫日記 を含むブックマーク


Arbcom-ja、解除検討委員会、に特化したらどうでしょう。

はっきり言って、積極的に「BAN」執行権限を行使したら、限られたメンバーが逆恨みの対象になりそう。なり手がないとか、嫌がらせを受けたメンバーがウィキペディアを去ってしまうとか、ロクなことにならない気がする。そこで、Arbcom-jaには、解除権限だけ大幅に認めるのでどうでしょう。

具体的には、ブロック依頼の議論をみて、管理者が裁定を下す、その結論であるブロックを

  • 「BANとして認める」
  • 「BANとして認めるが期間短縮すべきとする」
  • 「BANとして認めるが部分BANにすべきとする」
  • 「解除すべきとする」

という判断を下すありがたい存在に限定する。少なくとも、現状より厳しい結論は出さない、とするわけ。そのほか

  • 長期ブロックされている利用者が、1年後に解除をアピールしたとき、解除できるかどうか検討する

権限もあるとよさそう。

2008-08-19

[]追放に準じる(解除なしの)無期限? 09:35 追放に準じる(解除なしの)無期限? - 森猫日記 を含むブックマーク


Wikipedia:投稿ブロック依頼/N.C 2008年8月にて

  • >「追放に準じる(解除なしの)無期限」

というくだりに遭遇。ひょっとして「追放」とは「永久追放」のみ、「解除なし」とか、誤解されているのだろうか。

2008-08-10

[]追放もいろいろ 13:47 追放もいろいろ - 森猫日記 を含むブックマーク


なんか、もうのすごく勘違いしてるんじゃないだろうか。

別件でネット板のスレッドをざっとチェックしてて時、たまたまこんな投稿を見つけました。

600 名前:192.168.0.774[sage] 投稿日:2008/08/07(木) 22:15:37 id:NTfHpnVG0

何を言っても、何を弁解しても、もう二度と編集の場に参画させてもらえないのが「追放」。

でも、日本語版では、自分の問題点を把握して、方針を理解したということが第三者に分かるように明示できれば、また編集の場に参画できる。

で、現実に、無期限ブロックに一旦はなったけど、また編集に参画出来るようになったユーザーがいるわけで。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/internet/1217860724/600

>もう二度と編集の場に参画させてもらえないのが「追放」。

すごいですねー。

この人、Wikipedia:追放の方針(草案)を読んだこともないのね。きっと。*1

*1:再審査のプロセス(1年たったらアピール可能)が明確に認められてるBANのほうが、今のjaの現状よりよほど優しいと思うんだけど。Arbcomはありませんが、ブロック解除依頼で代用したっていいんだし。