森猫日記

2008-11-13

[]「日本語が亡びるとき」 (読"中"感想) 14:32 「日本語が亡びるとき」 (読"中"感想) - 森猫日記 を含むブックマーク


暴言?

本スレでひどいことを言われてるよと教えられて、見に行きかけたんだけど・・・今読んでいる本が面白くて、どうでもいい気がして来て、とりあえず読み終わるまでは、ほっとくことにしました。で、今読んでいるのがうわさの:

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で

まだ第一章の半ばを読んでいるところなんだけど、著者の多言語体験がウィキペディアやウィキメディア・コモンズに重ね合わせて、生き生きと浮かび上がる。この本はこれから私をどこへ連れてってくれるんだろう。。


痛烈な書評?

これは本を最後まで読んでからにしよう(ネタバレ防止)