Hatena::Groupwikipedia

Araisyohei's Blog! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-17千住を歩く、初めての経験

千住郵便局電話事務所

[][] 現地で見つけたら声を上げる  現地で見つけたら声を上げる - Araisyohei's Blog! を含むブックマーク はてなブックマーク -  現地で見つけたら声を上げる - Araisyohei's Blog!  現地で見つけたら声を上げる - Araisyohei's Blog! のブックマークコメント

9月16日に北千住で開催されたウィキペディアタウンに参加させていただきました。今回12名の参加でしたが、久しぶりにテーブルファシリテーターとなり、頭の中がパンクしていました。

今回我々のテーマとなっているのが「千住郵便局電話事務所」。先日の「美の巨人たち(TX)」でもフォーカスされていましたが、京都タワーを描かれた山田守さんの設計です。海獺先生のレクチャー後に「柳原千草園」「千住郵便局電話事務所」の2チームに分かれて現地調査を実施。

f:id:Araisyohei:20180916104835j:image:right:w200

現地到着後、皆さん熱心に写真を撮影されたり、周りをぐるぐると回り始めました。私はタイルと外壁をひたすら撮影。そこで見つけたのが、「A.P.=Arakawa Peil」のプレート。私が膝をついて正面の位置に埋め込まれていました。写真だと真ん中あたりに青銅色のプレートを見ることが出来るかと思います。

【拡大写真】File:NTT Senju building 20180916(7) sa.jpg - Wikimedia Commons

A.P.とは漢字で書くと「荒川工事基準面」。霊岸島にある、水位観測所の最低水位を定めていました。そもそも霊岸島は、隅田川の西岸にありました。寛永年間に、入間川が荒川への付け替えなどがおこなれ、現在の隅田川が(当時の)荒川の本流となりました。A.P.が設定されたのはそのころ(明治)になります。

こんな街の真ん中になぜA.P.のプレートが埋め込まれたのは、まだわからなかったところですが、このまっすぐな通りがなぜあるのだろうかと考える。道沿いに商店はないので、旧街道ではなだろう。本当は古地図が見たかったところですが、時間の都合でNDLオンラインにつなぐ余裕もなく。

f:id:Araisyohei:20180916104056j:image:w200:left

電話事務所の東側の通りを歩くと、電柱に書かれた通り名称を発見。ここには町名である「中居町」を冠に付けた「中居堀通り」と書かれていました。これで一つの仮説が生まれます。ここはお堀だったのではないかと。

私以外の皆様が周囲巡視を終えられて、電話事務所の正面玄関まで戻ってきたところで、私の巡視結果を報告。報告したところ、そのページ読みたいです、というお話を現場で頂いたので、すかさず国交省のサイトを画面に出して、スクリーンショットを写真で撮られる撮影会が開催。私のスマートフォンが写真に収められていく...

【参考リンク】http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00184.html - 荒川上流河川事務所

【読みたい人向け】http://www.gsi.go.jp/common/000024724.pdf - 河川・水路・港湾の基準面について/国土地理院時報 2002

ただ、古地図も何もない状況なので調べるすべはなく、この仮説はイベントが終わっても、出典を見つけることはできませんでした。(みなさん探していただきありがとうございました)